社交ダンス初心者がやるワルツの踊り方!初心者がつまづく4つのポイント!

注目 記事

社交ダンス初心者がやるワルツの踊り方!初心者がつまづく4つのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

社交ダンスのメリット

 

社交ダンスをやるとたくさんのメリットがあります。

・姿勢がよくなります。
・健康にいいです。
・ダイエット効果
・美容効果
・人との交流が増えます
・向上心が芽生えます。
・ストレス解消

 

 

姿勢を維持することが大事な社交ダンスは姿勢がよくなります。
姿勢をきれいに保つことは、健康にもいいとされます。

 

趣味とはいえ、全身運動の社交ダンスは、汗をたくさんかきます。
体力もつきますし、足腰も強くなります。

 

たくさんのメリットがある社交ダンス。
日本では160万人の愛好家がいるとされ、世界一の人口を誇ります。

 

たくさんのメリットがある社交ダンスを始めてみましょう!

 

 

 

華のワルツ

 

 

社交ダンスの基本はワルツです。

 

「ワルツに始まり、ワルツで終わる」

 

そんな格言を習ったことがあります。

 

競技種目10種類の一つで、スタンダード5種目の一つです。
べニーズワルツとの違いで「スローワルツ」と言われれることもあります。

 

男女が向かい合い、ホールドをした状態で、フロアを反時計回りで進んでいくダンスです。

 

西オーストリア・南ドイツ(ハプスブルク帝国)起源とされます。

 

13世紀頃から今日のチロル州とバイエルン州の農民が踊っていたヴェラー(Weller)というダンスから成立した。(説は色々)

 

 

特徴は、ライズアンドフォールと言われる上下運動からなされる、スイング。
男女が入れ替わって行われる回転動作です。

 

 

 

一番最初に習うことが多いワルツ。

 

ベーシックのステップ例

 

(クローズドチェンジ)
ナチュラルスピンターン
リバースターン
ウィスク
シャッセ
ナチュラルターン

 

は、誰もが知っているステップです。

 

 

 

用語解説

 

初心者の頃ってなんでこんな英語ばっかりの用語なんだろう。
それも、英語に訳しても意味わかんないしと疑問に思うことが多いと思います。

 

最初は覚えることが必死ですから、深い意味までは知らなくてもいいです。上級者の方でも知らない人結構います。
覚えなくても上手になることはできます。

 

ただ、その用語の意味を理解すると、ステップを覚えるのが早くなったり、先生のいうことの理解も早くなります。
余裕があれば、勉強するといいかもかもしれません。

 

 

ナチュラルとリバース

 

ナチュラルと言えば、通常は、「自然」という意味で解釈してしまいそう。
でも、ダンス用語でナチュラルとは、右回転をしながら動作すること。

 

ナチュラルターンは、右回転するステップ。

 

 

リバースは、通常は戻るという意味だが。
ダンスでは左回転しながら動作することである。

 

リバースターンは左回転のステップ。

 

 

オープンとクローズの違い

 

オープンとは、体を開く、つまりPPになるということ。

 

PPとはプロムナードポジションの略。
男は、左、女子は、右方向にボディーを開くことです。

 

オープンテレマーク、オープンナチュラルなど

 

 

クローズは、オープンとの対比でボディーを開かずにするステップ。

 

クローズドチェンジ、クローズドテレマークなど

 

 

 

初心者がつまづくポイント

 

ホールド

 

2人で組んで踊る、スタンダードは、ホールドという姿勢をとります。
男女が手をつないで踊ります。

 

男性の左手と女性の右手は手を握ります。
グリップと言われていて、大事になります。
どれぐらいの力加減でやるか。どう握るか。

 

男性の親指を立て、女性も親指をたて、合わせて握るチャンピオングリップが最近の主流です。

 

男性の右手は女性の左肩甲骨の上に。男性は押さえつけるのではなく、添えるように。

 

女性はそこに軽くもたれるようにします。なので女性は肩甲骨あたりからそるようにします。

 

 

難しいのは、姿勢維持です。

 

男性はホールドを落としてはいけません。肘が緩んだり、揺れたりしてはいけません。
色んな動きをしても、ホールドは保たなければいけません。

 

ただ、固め過ぎても女性に「固い」と言われて嫌われることも。
ホールドの姿勢を維持はするけど、固め過ぎない。
相反するようなホールドを作るには、どこに力をいれて、力を抜くか。
勉強しなければいけません。

 

そして、練習が大事になってきます。

 

 

 

足の使い方。

 

普段は歩いているのに、ダンスをするとぎこちなくなる。
社交ダンスは「ウォーク」練は大事です。

 

足首の曲げ具合、膝の曲げ具合、股関節の使い方、足のスイングの仕方。
歩くだけとはいえ、やることは、多いです。

 

ちなみに膝は曲げることしかできません。回すことはできません。膝は回せると誤解している人が多いです。
膝は前にしか曲げられません。

 

回すことができる部分は、股関節と肩甲骨、骨盤と足首、手首、首です。

 

骨盤や足首、股関節を使って、ターンなどを行います。膝は回したりしません。ケガにつながります。

 

 

股関節の使い方

 

股関節は少し緩めたほうが踊りやすいです。
突っ張って踊っている人が多いです。緩めましょう。
おなかが引きあがっていないからかも。

 

 

足のスイング。

 

足はどこから?足はみぞおちからと言われています。なぜか、足の筋肉はみぞおち当たりまで大腰筋という筋肉でつながっています。
足を振り出すとき、大腰筋の始まりの位置、みぞおちから意識して振り出すと、スムーズに力強く振り出すことができます。

 

 

 

 

リード&フォロー

 

社交ダンスの魅力であり難しい、リード&フォロー

 

ヒップホップやジャズダンスと違い、振り付けが決まっているわけでありません。
その時々で、ステップは変化します。

 

それを行うのは男性のリード。
ボディや足の使い方の変化で女性にステップを知らせます。

 

女性はそれを受けて、ステップを察します。

 

声で伝えたりはしません。「ボディー」でリードを受け、フォローする。

 

最初は難しいです。

 

数をこなすことで、段々できるようになってきます。

 

そのためにも、ホールド、足の使い方を学んでおく必要があります。

 

 

音楽の取り方

 

ワルツは3拍子。
4拍子に聞きなれている日本人は、3拍子になれないかもしれません。

 

どこに拍子があるのかもわからないかもしれません。

 

ききやすい曲で何度も聞きなれていくしかありません。こればっかりは知識だけではどうにもなりません。
何度も聞きましょう!

 

耳に慣れさせましょう!

 

 

 

お金がかかるからなー

 

レッスン代、衣装代など確かにお金はかかります。

 

でも安心してください!
今は、昔と違い、値段も安くなりました。他の趣味と同じぐらいの予算に抑えられる!
レッスン代も衣装代も大分安くなりました

 

グループレッスンやサークルなど、低料金。
昔はあまり評判はよくなかったですが、最近では一流のプロダンサーが主催していることも。

 

それも、ネットで探しやすくなりました。

 

個人は、月1にして、比較的安い、グループやるというのもいいかもしれません。
グループレッスンも充実しています。

 

 

衣装も、既存の店よりもネットで購入したほうが安かったりします。
質も変わらなくなりました。
靴だって1万円しないものもあります。

 

工夫次第でそんなにお金はかからないものです。

 

まとめ

 

 

社交ダンスで一番難しいのはホールド。
普段やることがない、手をあげる姿勢。それを維持しながら男女が向かい合って踊る。
慣れないです。

 

始めたころは、みんなそうでした。何度も練習して体で覚えましょう!

 

普段は歩けるのに、走れるのにダンスとなると難しくなります。
音楽に合わせ、相手に合わせるとなると歩くことですら困難です。

 

関節、筋肉の使い方。力の入れ方、抜き方など。
こんなに細かく覚えなくてもいいですが、勉強するだけで、上達のスピードは違います。

 

 

初心者のころは、知らないステップ名が出てきて、戸惑うところもあります。
そういうときは、用語の意味や起源を知ることで、すんなりと理解できることもあります。

 

 

 

ブログランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします♪
社交ダンス ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

社交ダンス初心者が陥る間違った考え方!あなたもやってらやばい!
社交ダンス初心者にむけての考え方を紹介! 上達するために必要なこと。間違った考え方を紹介します。これを知るだkで上達スピードが上がります!
社交ダンス初心者は動画を活用すべき理由とは?
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
社交ダンス初心者がスタンダードだけしてはいけない理由!
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
社交ダンスの先生の教え方に不満続出!解決するには??
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
運動苦手!人付き合い苦手!だけど社交ダンスを始めてみたい女性にアドバイス!
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
17歳の初心者女性が1年で社交ダンス競技に出れるか??
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
社交ダンス初心者がぶつかる5つの壁とは?
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
社交ダンス初心者向けのブログには、上達の秘訣が!
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
30歳の女性が社交ダンスを週1回の時間で始められるか?
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
ホールドをしていると、女性の胸があたる・・それって普通??
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
21歳がダンスを始めるとすると何がいい??ジャンルを決めるポイント!
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!
社交ダンスの種類を紹介!初心者に知っておくべきこと!
社交ダンスを始めたころは、わからないことだらけ! 初心者のころに正しい知識で練習すれば、必ず上達します!上達の秘訣を教えます!

トップページ ダンス初心者アドバイス ダンス上達のススメ 競技会情報 ダンス用品紹介 お問い合わせ