ライズとアップの違いって?

ライズとアップの違いって?

スタンダード種目で使われるテクニック。

 

教科書では「ライズ」と「アップ」を使い分けてステップを説明しています。

 

ただ、それを理解している人、実践している人は、意外と少ない。

 

 

ライズとは、かかとをあげて上昇を続ける運動だ。

 

アップとは、上昇した状態をキープすること。

 

 

つまり、ライズの時は上がり続けていいが、アップと言われたら、その高さキープのまま、ステップしなければいけない。

 

スローフォックストロットで言えば、フェザーステップの2−3歩目の間は「アップ」

 

1歩目から2歩目にかけて作った高さをキープして進まなければいけない。それ以上、上がってはいかないのだ。

 

 

ワルツのナチュラルターンは、2−3歩目はライズ継続なので、上がり続けてよい。

 

このように、ステップごとに「ライズ」「アップ」を使い分けなければいけないのだ。