クカラチャはどうすればできる!足の裏が大事!「社交ダンス」

クカラチャはどうすればできる!足の裏が大事!「社交ダンス」

クカラチャとは?

 

3歩で構成されるルンバのフィガーです。

 

基本ステップは足を閉じた状態から、左に一歩ステップし、

 

体重を乗せてから、体重を右足に戻し、足をクローズ。

 

ここで乗り換えて右に一歩ステップして、また戻ってきます。

 

 

 

 

クカラチャの意味の由来は

 

「スペイン語でゴキブリのこと」

 

そのゴキブリを足でふみ潰す仕草が由来のようです。結構有名な話ですよね。

 

 

クカラチャのこの3歩の中で行われる体重移動の時、ヒップを8の字を描くように動きます。

 

「ヒップアクション」です!」 と言ってしまうと
お尻を回してしまいます。

 

 

でも、ダンスを始めたころはヒップすら動きませんから、まずは、ヒップを8の字を描くイメージを得るために、

 

ヒップだけで動かすのもトレーニングとしてはありです。

 

 

ただ、本来のクカラチャの時の8の字の動きは

 

いわゆるヒップだけを動かしているのではないです。

 

競技ダンスをやっている人ですら、下手すればプロダンサーですら、正しいクカラチャをできているか疑問のところ。

 

それぐらい難しいんです。

 

8の字を描くとお尻が抜け(悪い意味で)てしまい正しい体重移動ができていないんです。
感覚的につかむまで難しいんです。
何度も練習を重ねて、人から見てもらい、抜けていないかどうか、ちゃんと体重移動できているかどうか大事なんです。

 

ワルツのナチュラルターン習得に何年もかかるように、ルンバのクカラチャは習得に時間を要します。

 

クカラチャがうまく、つかえている人は、ルンバとしての表現の幅が広がり、女性であれば、色っぽく、男性であれば力強く表現できます。

 

 

 

クカラチャは腹筋で!
インナーマッスルで!
肩は回さない!
ヒップは抜かない!
内ももしめて!
ターンアウトして!

 

やることいっぱいですね!

 

 

 

8の字を描くときの足の裏の動き

 

最初に
ステップした足の親指側に体重を感じます。

 

次に小指に感じ、最後にかかとを感じます。

 

これで8の字の半分を描きました。

 

反対側も同様です。

 

反対足に体重を移していきます。

 

同じように親指側、小指、かかとを感じます。

 

これで8の字に動いているように見えるわけです。

 

 

まとめ

 

ヒップが動くのを感じたら、次は、足の裏の動きを練習しましょう。

 

それができたら、人から見てもらって、しっかり回せているか、体重移動できているかチェックしてもらいます。

 

慣れてきたら、みぞおちあたりからの腹筋で回すような感覚を覚えさせます。

 

肩まで動かないように注意です。

 

こういった地道な練習が大事ですよ!

 

すぐにできなくても大丈夫。プロですら難しいんですから。