社交ダンス上達のコツ!これを知らなければ、損をする!

注目 記事

社交ダンス上達のコツ!これを知らなければ、損をする!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダンスがうまくなりたい!上達したい!

 

ダンスの先生が教えてくれるだけじゃ物足りない。

 

片足で立てない!
スピンができない。
パワーやスピードを出したい!
シルエットをよくしたい。

 

 

ダンス上達のコツを紹介します!!

 

 

ダンス上達のコツ

 

ダンスの上達のコツは「骨」を知ること。

 

(ダジャレじゃないですよ♪)

 

骨の仕組みをしることで、立ち方、動き方が劇的に変化します。

 

 

元世界チャンピオンのルッカバリッキも骨の使い方には注目し、説明しています。

 

 

 

頭の動き、肋骨の動き、骨盤の動き
この3つを組み合わせて、運動を考えていく理論です。

 

3つの動きを連動させるわけです。
少々難しいです。

 

 

今回は、肋骨の動きに注目して考えていきます。

 

既に亡くなっていますが、「伊藤昇」氏が提唱した胴体の動き。

 

胴体力は、一時期注目を浴びました。

 

伊藤氏の理論は、人間の運動能力の源となっているのは胴体力。

 

 

胴体の動きは、次の三つの基本動作に集約される

 

伸ばす・縮める

 

  身体の敏捷性を生み出す

 

丸める・反る

 

  身体のしなやかさを生み出す

 

捻る

 

  身体のパワーを生み出す

 

 

この動きができれば、人間の運動能力は高まるという。

 

 

肋骨を伸ばしたり、縮めたり。

 

肋骨を丸めたり、そらせたり。

 

肋骨をひねる。

 

 

ダンスだけに限らず、この3つを組み合わせて動いたほうがいい。
固めてはいけないんです。

 

 

 

棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 ?可動域を極限まで広げる方法? ☆【送料無料】

 

 

細かい動きを紹介したいですが。

 

そんな細かいこと知りたいの男の人だけだよとパートナーに言われてしまいました。

 

ということで、リクエストがあれば細かい動きについては紹介します。

 

今回は概要だけで失礼します!

 

まとめ

 

ダンスがうまくなるためには、骨について知ろう!

 

頭、肋骨、骨盤の3つの動きの連携が必要。

 

肋骨は、伸ばす、縮める。
丸める、そらせる。
ひねる。
を取り入れる。

 

ブログランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします♪
社交ダンス ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

社交ダンス上達の秘訣5つの方法!これを知らなければ、上手くならない!
社交ダンス 社交ダンス上達の秘訣5つの方法!これを知らなければ、上手くならない!
社交ダンスはストレッチが上達のカギ!自宅で90秒でできる方法とは?
社交ダンスが上達する方法のまとめ 誰も知らない秘訣を紹介します! 社交ダンスはストレッチが上達のカギ!自宅で90秒でできる方法とは?
社交ダンスがうまくなりたい!うまくなるための4つの方法!
社交ダンス 社交ダンスがうまくなりたい!うまくなるための4つの方法!
社交ダンスがうまくなる方法「5つの極意」悩んだ時は、脳も体もリセット!
社交ダンスが上達する方法のまとめ 誰も知らない秘訣を紹介します! 社交ダンスがうまくなる方法「5つの極意」
社交ダンスが上達する方法教えます!基本の見直し方法!
社交ダンスの情報をお届けします!! 競技会、用品、ステップ、上達の秘訣など。 社交ダンスや競技ダンスに関するお得情報をお届けします!

トップページ ダンス初心者アドバイス ダンス上達のススメ 競技会情報 ダンス用品紹介 お問い合わせ