石原正幸が11連覇記録!引退しても、伝説は残る!

石原正幸が11連覇記録!引退しても、伝説は残る!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1330503384741888"
data-ad-slot="3857135253"
data-ad-format="link">

 

ダンスに限らず、大会を連覇することは非常に大変なことだ。

 

ダンス界では、11連覇というとんでもない偉業を成し遂げた人がいる。

 

 

 

石原 正幸(いしはら まさゆき)君

 

 

 

 

 

 

 

お父さんは、元プロ全日本チャンピオン石原市三先生。

 

お兄さんは石原正三プロ(元JCFチャンピオン)

石原正敏プロ(10ダンスチャンピオン)二人ともJCF所属。

 

 

と、ダンスのサラブレットとして生まれた、石原正幸君。

 

 

身長172pと恵まれた体格ではなかったものの、身体能力と音楽表現力でアマチュアチャンピオンを守ってきた。

 

 

初めてチャンピオンになったときは、チャンピオンを倒しての下剋上であった。

 

その時は、ベテランのダンサーが多い時代であったが、石原正幸君たちの登場で、若手、特にジュニア世代の台頭が目立ってくる。

 

 

石原正幸君は、ジュニア時代から2007年までは斎藤愛さんと(現JBDF、Latin西部A級)カップルを組んでいました。

 

2007年にJOC正加盟となった社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)特別強化選手。

 

2007年4月には、元全日本学生チャンピオン 久保斐美さん とカップルを結成。

 

2011年 伊藤沙織さんとカップル結成。

 

2014年11月に現役を引退。

 

パートナー2度変えるわけだが、チャンピオンの座は守り抜いた。

 

 

石原 正幸(いしはら まさゆき)君

 

 

 

 

 

 

 

30歳という若さでの引退は早すぎる。プロでの活躍を見たいという声もあったが、残念ながら、競技からは退いた。

 

日本ではほかの選手の追随を許さなかった石原正幸君だが、海外での成績はあまり伸びなかった。

 

身体能力やダンスセンスに評価はあったものの、コーチや環境に恵まれなかったことが要因なのではと、海外コーチは話す。

 

もっと早い段階で、いいコーチに恵まれていればと嘆く人も多い。

 

 

それでも、日本では11年間という間、チャンピオンに君臨し続けたのはすごいことだ。

 

若手がどんどん育ってきていたのも関わらずだ。

 

今は、後輩の育成に力を注いでいるようだ。

 

石原正幸君のダンスセンスを受け継ぐダンサーがこれから育っていくことを期待しましょう!

 

 

最近のプロの世界での連覇記録

 

 

・6連覇!

 

織田慶治&渡辺理子ペア

 

 

 

・4連覇!

 

檜山浩治&檜山公美ペア

 

関連ページ

競技ダンスといえばミルコ!偉大なるチャンピオンの今!
社交ダンス
美人ダンサー紹介!ナンバー1美女は?
社交ダンス 美人ダンサー紹介!ナンバー1美女は?
美人ダンサー「白石香織」紹介!元JDCスタンダードチャンピオン!
社交ダンス 美人ダンサー「白石香織」紹介!元JDCスタンダードチャンピオン!