タンブルターンの魅力と踊り方!しゃっせロールとの違いとは?

注目 記事

(社交ダンスのワルツ)タンブルターン踊り方!シャッセロールとの違いは??

このエントリーをはてなブックマークに追加   

タンブルターン

 

プロの先生も多用するワルツで使われるステップ。

 

学生時代から今に至るまで僕自身も使っています。

 

スローフォックストロットやクイックステップでも使うことがあります。

 

 

男性からすると、後退から始まり、リバース回転、ライズ、スウェイ、ピボットがあり高度なステップです。

 

女性は、ネックや頭の向きがむずかしい。

 

できると派手です。だからこそ、多くの人に採用されているのでしょう。

 

 

もう一度確認してみましょう。

 

参考となる動画も載せておきます。

 

タンブルターンについて徹底検証します!

 

 

 

 

 

 

タンブルターンの踊り方

 

カウント:12&3

 

男子

 

1歩目 右足 中央斜めに背面して後退。 ライズを始める。
2歩目 左足 壁斜めに向けて横へ。 ライズ継続。
3歩目 右足 壁斜めとLODの中間にOP(アウト オブ パートナー)で小さく前進。
4歩目 左足 LODに面して、アップ状態からトー ピボットで回転し、LODに背面する。ロアー。

 

 

 

 

タンブルとは、「転ぶ・倒れる」と言う意味があります。
足がそろわずに入れ替わるステップです。

 

勢いよく男女がスムーズに入れ替わるのが魅力的です。

 

 

カウント&〜3の間で、男性がボディーを右スウェイから左スウェイに切り替えます。

 

 

続行ステップ

 

スローアウェイ
オーバースウェイ
レフトホイスク
ヒンジライン
ロンデウイング

 

などが採用されている。

 

 

 

 

似ているステップ「シャッセロール」

 

 

シャッセロールとは、シャッセしながらロールするステップ。

 

ロールとは回転。

 

主にリバース回転(左回転)で用いられます。

 

 

ナチュラルウイーブ(ランニングウイーブ)から使われます。

 

 

男性

 

第1歩 右足LODに背面して後退、3/8左回転して
第2歩 左足を横 壁斜めに向けます。 ボディーは壁に向けます。
第3歩 右足を閉じる 壁斜めに面します(閉じずに、後ろに置く場合もある)

 

第4歩 左足を 中央斜めの方向へ 小さな歩幅で前進、左足の向きはLODへ向けます。 1/2左回転のピヴォット回転をします。

 

 

 

 

特徴は、足をクローズ気味にするためスウェイの量がタンブルターンに比べて少ない。
大きなアクションは少ないステップといえる。

 

フィニッシュは、タンブルターンと同様のステップが採用されている。

 

 

タンブルターンとシャッセロールの違いとは

 

 

ちまたでは、タンブルターンとシャッセロールの違いがあまりないように思える。

 

タンブルは、3歩目でOPにでてスウェイをかけている。
シャッセの場合は、それがない。

 

 

 

ここに大きく違いがある。
女性は男性がOPにでてきたことにより、左足が後ろに後退し、大きくスウェイがかけられる。

 

 

たとえ足が、OPにでたとしてもスウェイの量があまりでなければ、タンブルの良さはでていない。

 

 

男性も女性もスウェイをかけ、そして、それをピボットの時に戻す。
タンブルターンの魅力をなくさないように踊るべきでしょう!

 

 

ブログランキング参加中!ポチっとよろしくお願いします♪
社交ダンス ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

ワルツ ベーシック一覧
社交ダンス ワルツ ベーシック一覧
(社交ダンスワルツ)セイムフットをきれいに決めるには?
ワルツ特集!
優雅なワルツの特徴とは?
社交ダンス
ワルツとタンゴの違いとは?そんなに違うんだ!現代の流れも感じ取ろう!
社交ダンス ワルツとタンゴの違いとは?そんなに違うんだ!現代の流れも感じ取ろう!

トップページ ダンス初心者アドバイス ダンス上達のススメ 競技会情報 ダンス用品紹介 お問い合わせ